お金借りる | クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法

クレジットカードには大抵の場合、キャッシングと言う機能が付いています。これはクレジットカードを使って買い物するように手軽にお金を借入れすることが出来る機能です。

 

利用方法は簡単で、提携ATMを利用して銀行のキャッシュカードから現金を引き出すように、暗証番号を入力するだけで借入れできるようになっています。返済もショッピングの支払いと一緒に銀行口座から引き落とされるので、振込みするような手間がかかりません。

 

金利も実質年利で18パーセントとなっているところが多く、消費者金融と同じと言えるでしょう。一般的な銀行系カードローンに比べるとやや金利が高いのですが、銀行系よりも震災が通りやすく、一般的な消費者金融と比べても独自の基準で審査しているため、誰でも申し込みやすい、利用しやすいキャッシングとなっています。またクレジットカードを申し込んだときにキャッシングの申し込みをしていない場合には、キャッシング枠が設定されていない場合がありますが、その場合でもネットなどで申し込めば直ぐに審査してくれキャッシング枠を設定してくれるのが普通です。

 

金額の少ない借入れならとても手軽で便利なサービスです。

 

クレジットカードのキャッシング枠について

クレジットカードというのは、ショッピング枠とキャッシング枠が別になっています。これはお金を借りるときも、返済をするときも別物として利用することが可能なので、自分の目的に合わせて使い分けしやすい内容になっています。

 

例えば、インターネットで頻繁に買い物をする場合、ショッピング枠の限度額に注意をして利用すれば良いですし、外出したときにお金を借りたいと思ったときはキャッシング枠の限度額に注意をすれば良いです。一つのカードでこのように機能性を分けて使うことができるのがクレジットカードの便利なところです。

 

一般的にお金を借りるためにキャッシングを利用する人は非常に多いですが、もしどこかのサービスに申し込みをするのであれば、こうした機能性を色々と兼ね備えているサービスを利用する方が、実用性は高いものがあります。銀行になると、こうした機能性に加えて預金の管理まで行なうことが可能になってきます。カードを複数枚持つと面倒であり管理が大変ですが、それを一つのカードで全てを管理することができるとかなり便利になります。