お金借りる | 低金利で借りる

お金を借りるのであれば、誰しもが低金利で借りることができればよいなあと思われるかと思います。ここではその、金利について詳しく見て行ってみましょう。

 

金利とは?

金利というのは、お金を借りる際に発生するお金のレンタル料金、みたいなものです。レンタルビデオ屋さんでは、借りたビデオに対してレンタル料金を支払いますよね。お金も同じように、お金という商品を借りるのですから、レンタル料金が発生し、それが金利となるわけです。そのレンタル料金は安いほうがビデオを借りやすくなりますが、金利も同じで、低金利で借りることができたほうが、支払わなくてはならない手数料が減るのでよいわけです。

 

低金利と高金利とは?

低金利、というのは、借りたお金に対して支払うレンタル料金が低いことをさし、お金を低金利で借りるということになります。高金利というのはその逆で、高いレンタル料金を支払ってお金を借りるということなのです。もちろん、低金利のほうが利用者としてはありがたいですよね。

 

金利の種類

借入する方が知っておきたい知識が、金利の種類です。だいたい金利は、年利と呼ばれたり、利子、利息と呼ばれたり、利率なんていうときもありますよね。年利というのは、1年間の金利の比率のこと、利率というのは、ある期間の金利の比率(だいたい1年間のこと)を指します。あくまでも比率のことなんですね。利子と利息は、お金という商品を借りることによって発生するレンタル料金のことになります。100万円を3%の利子で借りたのであれば、103万円を支払わなくてはならない、ということになるのですね。100万円に対して、3万円の利子/利息が発生するわけです。そのため、低金利で借りることができるのが借入をする際には良いというわけです。

 

利子と利息の違いについて

利子と利息の決定的な違いは、利子はお金を貸す側が、お金を借りる側に向かって使う言葉で、「利子は3%だよ」ということとなります。利息は借りた側がつかう言葉で、「3%の利息を払うので貸してください」となるわけです。借りる側から考えれば、低金利で借りることが一番なのですが、借りる金額が小さいと年利は高くなり、借りる金額が大きいと年利は低くなる傾向があるようです。たとえば、10万円借りると年利は5%なのに、1000万円借りると年利は2%、といった感じですね。お金を借りる予定の方は、低金利で借りることができるローン会社、安心して借りることができるローン会社を選ぶことが、成功のカギとなりそうですよね。