お金借りる

お金借りるならあなたならどうしますか?

 

@親・友達・に事情を説明して借りる。
A地元の銀行やろうきん・信用金庫などから借りる。
B日本政策金融公庫(国民金融公庫)こっきん から借りる。
Cキャッシングする
お金を借りる方法はいくつかありますが地元の銀行やなどの借入れは一般的に審査に時間が掛かります。すぐにお金が必要でなければ(時間的に余裕がある方は)取引の銀行からがおすすめですね。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

 

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴
全国の提携コンビニATM手数料無料で借入と返済ができる便利なカードローン!口座がなくても既存の

 

WEB契約が便利
忙しくて日中に銀行に行けない方はテレビ窓口を利用するか、インターネットからの申込みで審査回答最短30分という迅速対応が人気!三菱東京UFJ銀行カードローンの口座がなくても申込みが可能です。さらに口座をお持ちなら返済日を自分で設定ができ自動支払いにも対応している!

 

 

気になる金利
例えば金利が14.6%で10万円を30日間借りた場合の金利計算は

 

借りた金額10万円×借入利率0.146÷年365>利用日数30日1200円

 


 

実質年率借入額担保・保証人審査スピードweb申込み
4.6%〜14.6%最高500万円不要最短30分可能

 

プロミス

 

プロミス

プロミスの特徴
学生やアルバイトでも申込み可能なことです。一定の収入があれば申込みできるのが人気のひとつですね。口座がなくても申込みが可能!

 

WEB契約が便利
来店いらずでパソコン・ケータイ・スマートフォンから申込み可能です。一番早く便手続きが早いのは、あらかじめプロミスのスマートフォンアプリをダウンロードしておき、カメラで必要書類を撮影しアプリを経由で即プロミスに送信できる

 

 

気になる金利
例えば金利が17.8%で10万円を30日間借りた場合の金利計算は

 

借りた金額10万円×借入利率0.178÷年365>利用日数30日1463円

 

※借入の当日は利用日数に含まれない うるう年は366日で計算される

 


実質年率借入額担保・保証人審査スピードweb申込み
4.5%〜17.8%1万〜500万円不要即日可能

 

アコム

アコム

 

アコムの特徴
3秒でおためし診断(3項目)※公式サイト内で生年月日・性別既婚・他社借入状況を入力すれば申込み可能か即診断!

 

審査回答が迅速
最短30分で審査回答が可能!
申込み(本人)⇒申込み確認(アコム)⇒本人確認書類提出(本人)⇒ご契約(本人)⇒借入可能!

 

気になる金利
例えば金利が18.0%で10万円を30日間借りた場合の金利計算は

 

借りた金額10万円×借入利率0.18÷年365>利用日数30日1479円

 


実質年率借入額担保・保証人審査スピードweb申込み
4.7%〜18.0%最高500万円不要即日可能
モビット

モビット



モビットの特徴

WEB完結申込み 電話連絡なし!郵便物なし!
申込み可能な方は下記条件が揃っている方

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方

全国健康保険協会発行の保険証、組合保険証をお持ちの方

 

 

気になる金利
例えば金利が18.0%で10万円を30日間借りた場合の金利計算は

 

借りた金額10万円×借入利率0.18÷年365>利用日数30日1479円

 

 


 

実質年率借入額担保・保証人審査スピードweb申込み
4.8%〜18.0%500万円不要即日可能

 

しかし借入れしたいと思った時は当日やその時に借入れしたいものです。こちらのサイトではおすすめのカードローンを掲載しています。もちろん店舗に行かなくてもインターネットで申込みが可能です。後日自宅にカードを郵送してもらえるところもありますから、窓口などで顔を合わせることなく借入れ可能です。

 

 

お金がすぐに必要…そんな時に気になる即日カードローン、借りたいけど詳しいことを知らない…という人は、まずは即日カードローンについて知ることから始めて欲しいと思います。

 

即日カードローンの会社選びはどうするべき?

まずは、お金を必要とするタイミングによって選ぶべきです。今すぐに本当に必要なのか、それとも少し時間があるのかです。ここでまず、審査をしてくれるスピードの違いで、会社選びができるでしょう。次に、借入の金額を考えましょう。それぞれの会社で、やはり借入ができる金額が決まっています。即日カードローンともなると、限度額が少なめで設定されている場合もあります。必要とするお金を借りられなければ意味がありませんので、どれぐらいの金額が必要かを考えて、その金額を用意してもらえるところを選ばなくてはなりません。そして最後に、お金を何に利用するのかです。カードローンにも、何に使うかという使い道が限られているものがあります。それ以外の使い道では利用できない、というわけです。何に使うのかによっても選べる会社が限られてくることもありますので、そこまで全てチェックをして、自分の借りられる条件に当てはまる会社を選ぶこととなります。

 

即日カードローンの利率は金額によって変わるの?

それぞれカードローン会社では、○○%〜○○%という数字で利率は記載されています。借りる金額によって、実は利率が違うのです。最低利率ばかりを見すぎていて、利率が低いからという理由で借りることにした場合でも、借りる金額によってはその最低利率が適用されないこともあります。少ない額を借りる場合は高くなり、多くの額を借りる場合は低くなる仕組みとなっています。借りる額でどれぐらいの利率になるのかは借りる前に知っておきたいところですね。

 

即日カードローンは窓口に行かないと無理?

最近はインターネットで申込みができるようになっています。インターネットを経由するとどうしても審査までに時間がかかるというイメージがあるのですが、最近はそういうこともありません。借りる側がきちんと必要書類さえ提出を素早くできれば、朝お願いしてその日のうちにお金を借りられるようなスピーディーな対応をしてもらえるようになりました。窓口に行くのは誰かに見られる可能性もあるので、インターネットで済ませたいという人でも助かります。

 

 

 

 

初心者は低金利カードローンがおすすめ

最近のカードローンは借入れ先がたくさんあります。しかし初心者にとってはどこで借りればいいのかわからないのが本音。誰も知らないところから借入れはしません、やはりテレビコマーシャルなどで告知されているところは認知度もありますし、人気の借入れ先となっていますね。最近では低金利のカードローンなども用意されています。以前のようなグレーなイメージはないですね。

 

知名度がある借入先はオリックスVIPローンカード・モビット・オリックス銀行カードローン・アコムですね。提携ATMがたくさんある
一部条件を満たせば金利引き下がる
提携施設などを優待価格で利用可能などがあります

 

あなたに返済能力があると判断された場合です。消費者金融での借入れで審査が通れば即日借入可能ですし、借入の枠を大きくに取れれば金利も少しは安く抑えれます。(少額で借りたいならなおさら)

 

お金が必要な時はたくさんありますよね、普通に働けば多かれ少なかれ給料はあります。その中で毎月の生活費や年金や保険などの支払いがあってマイホームやマイカーをローンで組んでおられる人もたくさんいてると思います

 

親や友達から借りれるならそれに越したことはないと思います、(金利は取らないのが普通です)頭下げてお願いすれば貸してくれる方もいると思いますが、借りる理由と返済計画(支払い日)はきちんと決めておきましょう。

 

お金が必要な時いろいろありますよね〜「あと3万円あれば・・・」 「あと5万円あれば今月はいける・・・」「今月のやり繰り厳しいなぁ・・・」 お金が必要な時はたくさんあります。でもどうやって借入れしたらいいのかわからなくて・・・

 

 

私の場合はじめてだったのでテレビで有名なプロミスに決めました。三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのキャッシング。とにかく窓口で借り入れするのは抵抗があったので私の場合はインターネットからできる web申込みからしました。

 

少額で借入れする方が多い

借入れされている方の内容は大口の融資より少額の借入れが多いそうです。月末になると手持ちの現金が少ないので、おこずかい程度に借入れしたい方・趣味やレジャーに使う方や税金の支払いで利用されている方も多いとか。お金を借りるなら銀行系・信販系が低金利で即日融資をしています。申込みをしてみないと審査に通過するかどうかわかりませんが、返済計画は事前に立てておきましょう。

 

年金を担保にお金を借りるとなるとどこがあるのですか?また闇金でないところはありますか?

 

◆年金を担保にお金を借りることができるのか?

年金を受給するようになったけど、どうしても急な出費でお金を必要となる方もいるかもしれません。たとえば、医療費や住宅の改修費などの出費が考えられます。銀行などの通常の金融機関は年金受給者にはお金を貸してくれないだろうと思われるかもしれません。ところが、年金受給者であっても年金を担保にお金を借りることができるのです。これは、年金担保融資というものです。その内容についてご説明します。

 

(1)どこで融資を受けるのか

まず、どこでお金を貸してくれるのかということが問題となりますが、一般的には年金を担保にお金を借りることは禁止されています。以前は、闇金が高利で融資して年金受給者が生活に困窮するということがあり、社会問題となりました。そこで、独立行政法人福祉医療機構(WAM)が創設され、この機関でのみ年金を担保に年金受給者へ融資が行われています。

 

(2)対象者

独立行政法人福祉医療機構で行っている融資を利用できる人は、厚生年金保険、船員保険、国民年金、労働者災害補償保険などの公的年金を受給中の人です。ただし、各種共済年金、及び恩給は対象外です。
その他には、年金の支給が全額停止されていないこと、生活保護を受けていないこと、生活保護の廃止後5年以上経過していることという条件も満たしていなければなりません。

 

(3)融資額

融資してくれる金額は、以下の以下の3つの要件を満たした金額の範囲に限定されます。

・10〜250万円の範囲で1万円単位。ただし、臨時生活資金としての借入は100万円が上限。

・受けている年金額(年額。ただし、税引き後)の範囲内。
・定額返済の場合は、1回あたりの返済額の15倍以内

 

(4)返済方法

偶数月に支給される年金支給機構から支給される年金から返済額が差し引かれます。1万円単位の定額返済で返済に充当されます。差し引かれた残りは年金として支払われます。定額返済額の上限は1回の年金支給額の2分の1以下、下限は1万円となっています。

 

(5)担保

担保は各種公的年金を受給する権利です。

 

(6)融資利率

現在のところ金利は、年金担保貸付の場合は1.6%、労災年金担保貸付の場合は0.9%となっています。

 

(7)連帯保証人

原則として、連帯保証人が必要です。ただし、年金受給者の場合は、保証人になってもらう人を探すのは困難です。そこで、信用保証機関に保証料を支払うことにより信用保証を利用すれば連帯保証人は不要とされています。

 

(8)資金使途

資金の使い途に特に制限は設けられていません。

 

◆クレジットカードの使い道

買い物をする時にクレジットカードを使う人が最近はかなり増えて、ひとりで数枚のクレジットカードを持っている人も多いと思います。実は、クレジットカードの使い道は買い物だけではありません。すぐにお金を借りるというと消費者金融のキャッシングを思い浮かべそうですが、クレジットカードのキャッシング枠で借りることもできます。クレジットカードには、買い物をする際に利用されるショッピング枠とお金を借りることのできるキャッシング枠の2種類の枠が別々に設定されています。

 

一般的にクレジットカードは買い物に利用するためのものですが、キャッシング枠を設定していればその利用できる場面は多くなります。キャッシング枠はクレジットカードを申し込む際に枠を設定するかどうかを決めるのですが、クレジットカードでお金を借りたいと思えばキャッシング枠も設定されているクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

 

◆クレジットカードのキャッシング枠の概要

キャッシング枠を利用してお金を借りるということは、クレジット会社から無担保、無保証人で現金を借りることです。クレジットカードの入会時に審査があるだけで、通常はほとんどのクレジット会社で一定のキャッシング枠が付与されています。設定されたキャッシングの枠内で、全国に点在する提携ATMでキャッシングすることができます。

 

つまり、クレジットカード会社のキャッシング枠を利用してお金を借りることは、消費者金融のキャッシングを利用することとほとんど同じなのです。そのため、返済方法なども消費者金融のキャッシングとほぼ同じとなっていますので、クレジットカードのキャッシング枠についても申込者の信用度に併せて利用限度額が変わってきます。

 

ただし、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠には関連性があります。ショッピングとキャッシングの最大利用限度額に上限があり、実際にショッピングで使った金額がある場合にはキャッシングの利用限度額は減ってしまうという関係にあります。

 

◆キャッシング枠の実質金利

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるというのは、いざという時にはとても便利であることはわかりました。では、その実質金利はどうなっているのでしょうか。

 

キャッシング枠の実質金利は、ショッピング枠の分割やリボルビング払いとは異なり、消費者金融と変わらない金利を設定しているところがほとんどです。各クレジット会社で差がありますが、年利18%以下という低金利に設定しているところもあります。

 

クレジットカードなら申込みなしでキャッシングができる

あなたがお持ちのクレジットカードでキャッシングが可能です。元から付いているクレジットカードのキャッシング枠を利用するものです。
事前にカードの申し込みの際に審査を通過されて、クレジットカードが手元にありますから、利用できます。ただ金利は高めなのがデメリットですね。しかしながら急な出費には役立つカードローンですね。金利は高めでも提携のATMなどですぐにお金を用意することが可能です。それにクレジットカードですから、キャッシングしているなんて誰にもわかりませんからね。カードローンの申し込みを躊躇している方にはおすすめかもしれません。
下記ページも参考にご覧ください。